★このサイトはwindowsに対応。表示→文字のサイズ→(中)でご覧下さい。それ以外はレイアウトが崩れます。
ネット句会
俳句サロン
575投稿募集!
★2007/10/07とりあえずネット上のみ再開。投稿お待ちしています。
■掲示板にご投稿ください。とりあえず自由題を募集。投稿ありしだい逐一アップしていきます。
★2018年11月現在までの句会投票及び作句参加者
・故沖恒夫(俳人)・幸田匡(翻訳家)・押田匡俊(会社役員)
・甲斐英輔(小説家)・古賀進(会社員)
・相川清美(学生)・佐野義也(サロン運営)
・滝沢孝之(会社役員)
・竹内氏英(会社員)
・雪荷(石川県・ネットにて)
・芳泉(幹夫)・典子
・島原大雪・蝦夷 炎暑
・李カボテ・山渓 ・美佳子・いきか・石川順一・春夫
「575作句研鑽リング投稿」
絵手紙 by edward 絵手紙 by edward
▼素敵な言葉17文字が投稿されると、なぜか擬似俳句でも作りたくなるという衝動が生まれる。そんなことに気づかせていただけた「泉の会」主宰 芳 泉(幹夫)氏の作品。以降当方edwardの駄作を失礼ながらリング形式にアップさせてもらうことに思い立ちました。ここからさらに新しい方が参加してもら えれば更なる研さんリングになると思います。

今後とも末永く連鎖されていくことを願うしだいです。投稿掲示板に何句か集まった時点で更新、よろしくお願いいたします。旧作は容量の関係で随時削 除されると思いますが、ご了承ください。なお、最上段が近作、おおむね下段より兼題(または季語)がリングされてきています。新しい兼題(または季語) の句が提示されれば、少なくとも当方edward(佐野義也)は研鑽のためそのテーマに沿って作句していきます。皆さんもどうぞ!
海の日

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月15日(月)■はしゃぐ子もそうでない子も海の日か ■海の日に墓参のための花を買い

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月15日(月)■海の日や満艦飾の大湊 ■海の日の沖の静寂に難破船

★★★★★★★★海の日や海を見たくて山へ行く 川井美佳 ★★★★★★★★海の日や海を埋めゆくブルドーザー 佐藤信子

マンゴー

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月11日(木)■君たちはキュウイパパイヤマンゴーだね ■セザンヌの絵画に見つけ赤マンゴー

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月11日(木)■マンゴーや摩文仁の海が見える丘 ■マンゴーの探検基地に食中り

★★★★★★★★マンゴーやチークダンスの薄明り 橋本典子 ★★★★★★★★マンゴーの見ゆる席にてグァバジュース 高澤良一

ヨット

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月10日(水)■ヨットなり加山雄三裕次郎 ■風凪いでヨットの上で空あおぐ

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月10日(水)■ヨット航く湖底に戦艦大和かな ■夕映の砂やヨットの帆をたたむ

★★★★★★★★今すこしヨットに風の欲しき午後 山田弘子 ★★★★★★★★港出てヨット淋しくなりにゆく 後藤比奈夫

夏座敷

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月 8日(月)■草いきれ充満している夏座敷 ■夏座敷一人暮らしの寂しがり

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月 8日(月)■夏座敷沖は白波日本海 ■大の字に寝るが宿六夏座敷

★★★★★★★★海へ行く男の背中夏座敷 橋本典子 ★★★★★★★★襖絵の山河の古ぶ夏座敷 伊藤トキノ



裸子

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月 7日(日)■裸の子モチベーションの無尽蔵 ■着飾っていても昔は裸の子

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月 7日(日)■ネット句会投稿スペース「裸子」■裸子の三頭身が起き上がる ■天下御免つかまり立ちの裸の子

★★★★★★★★裸子をひつさげ歩く温泉の廊下 高浜虚子  ★★★★★★★★裸子や涙の顔をあげて這ふ 野見山朱鳥

七月

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月 6日(土)■七月や今シューマンを聴きながら ■長袖を羽織り七月突入し

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月 5日(金)■七月の声が岬を突つ走る ■札幌や七月五日結婚す

★★★★★★★★七月のルビーは今朝の海の色 橋本典子  ★★★★★★★★七月のキリンは首を縦に振り 別所勝代
★★★★★★★★「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日 俵万智

冷蔵庫

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月 4日(木)■嬉しい哉うちだけでないレトロ冷蔵庫 ■ストレスも冷蔵庫には入れるべし

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月 4日(木)■声あげて強力背負ふ冷蔵庫 ■真夜うなる昭和レトロの冷蔵庫

★★★★★★★★冷蔵庫にいつも卵のある不安 前田典子  ★★★★★★★★夫のまた開けに来てゐる冷蔵庫 古川春美

海月(水母)

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月 2日(火)■彼方から霊魂体の水母かな ■生き物の元祖みたいなクラゲかな

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月 1日(月)■乾パンは水母流るる澪(みを)の果て ■砂浜に打ち上げられてゐる海月

★★★★★★★★掬ひたる海月に重さありにけり 金子泰久  ★★★★★★★★掌にとればすすり泣くよな海月かな 鈴木鵬干

夏の海

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 6月30日(日)■瀬戸内で花嫁が行く夏の海 ■夏の海パンツ盗まれ叱られて

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 6月30日(日)■瀬戸内の島点々と夏の海 ■夏の海父に貰ひし金平糖

★★★★★★★★地球儀の青いところが夏の海 山崎聰  ★★★★★★★★夏の海未来はいつも遠きもの 川口武雄
ラムネ

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 6月22日(土)■ラムネ水メタボの腹に染みわたる ■熱中症対策のためラムネ飲む

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 6月22日(土)■暗がりにかちんと落ちたラムネ玉 ■ラムネ飲むおどけ目玉のピエロかな

★★★★★★★★男には喉仏ありラムネ乾す 村上杏史  ★★★★★★★★顔寄せてラムネ抜く兄待つ妹 片山通夫

ヤモリ 守宮

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 6月16日(日)■ヤモリ殿黒のゴキブリ食べてくれ ■名にし負え我が家の全て家守せい

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 6月16日(日)■守宮這ふ造酒屋の蔵の壁 ■夜の守宮定時定刻壁を這ふ

★★★★★★★★お出ましの守宮と暫しにらめっこ 高澤良一  ★★★★★★★★守宮来て開けたき窓の開けられず 田宮米紀子

草笛

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 6月13日(木)■草笛と聞いて下校の日々たどる ■草の笛響き渡りて帰り道

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 6月13日(木)■少年の草笛少女のために吹く ■草笛の葉の色褪せし古戦場

★★★★★★★★算数は苦手草笛得意なり 石塚春美  ★★★★★★★★すぐ鳴りてすぐ捨てらるる草の笛 大石悦子

海亀

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 5月13日(月)■海亀も浦島太郎も万年か ■映像に引っ張りだこの海亀か

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 5月13日(月)■浜の風聞く海亀の甲羅かな ■産卵の海亀戻る令和の夜

★★★★★★★★亀の涙とおもふ石拾ふ 柴原未知代  ★★★★★★★★きらきらと海亀の尻卵産む 三浦晴子

袋角 ふくろつの

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 5月10日(金)■新元号我が心意気袋角 ■袋角令和は誰も一年生

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 5月 9日(木)■ボイラーの蒸気がポッポ袋角 ■新御代の熱き血潮や袋角

★★★★★★★★袋角鬱々と枝(え)を岐ちをり 橋本多佳子  ★★★★★★★★袋角脈々と血の管通ふ 橋本多佳子

二月

投稿者:いきか
投稿日:2019年 3月24日(日)■二月には思想固まる時が来る■旅に行き二月の風が転地です■禽獣を眺めて二月の空不変■高所では二月の姉が乗るカート

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 2月22日(金)■二月なり酸いも甘いも寒暖も■寝汗かき医者もわからず二月病

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 2月21日(木)■よき知らせありて二月の墓参かな■二ん月の誰が名づけし忍者の日

★★★★★★★★美しき少年に会ふ二月哉 橋本典子  ★★★★★★★★書斎より仰ぎ二月の空青し 片山由美子

氷柱

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 2月 3日(日)■思いでの引き出しにあり氷柱かな ■ひかりごと掌に載せ氷柱かな

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 1月29日(火)■三十槌の蒼き氷柱は星に酔ふ■バーボンはダブルで如何軒氷柱

★★★★★★★★隧道の口に大なる氷柱かな 夏目漱石 ★★★★★★★★軒氷柱手折り光を手折りけり 葛原俊子

初場所

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 1月28日(月)■路傍にも競い合う芽や初場所か■初場所に期待込めたし武蔵川

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 1月28日(月)■初場所や番付表の小さき文字 ■初場所の賜杯は苦節十五年

★★★★★★★★初場所や二番出世の前相撲 野原春醪  ★★★★★★★★招かれて初場所の砂かぶりけり 内山亜川

かじけ猿

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 1月18日(金)■かじけ猿ヒートショックに気を付けて ■イメージの枯渇かなしやかじけ猿

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 1月18日(金)■毛繕ふほんに仲良きかじけ猿 ■本丸のお堀は深しかじけ猿 
★★★★★★★★流し目をちらりと使うかじけ猿 某  ★★★★★★★★だまし絵の手や半眼のかじけ猿 某

冬至湯

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年12月22日(土)■冬至湯の香り充満あくび出る■襟元をタオルで巻いて冬至の湯

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年12月21日(金)■冬至湯の湯気に隠るる三歳児■冬至湯に無冠の棋士の淋しさか

★★★★★★★★老いたりな冬至湯に脚透いて見え 高澤良一 ★★★★★★★★冬至湯に母を抱きてひたりけり 谷芙蓉



投稿者:佐野義也
投稿日:2018年12月20日(木)■冬なのにあちこちにいる睡魔かな■冬の朝階段を降りゴミを出し

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年12月20日(木)■弾き語る冬のソナタやアルペジオ■幸せは冬の湯槽に浸かるとき

★★★★★★★★髯のある雜兵ともや冬の陣 正岡子規 ★★★★★★★★にぎはひを星に移して冬の町 荒井正隆

狐火

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年12月19日(水)■こわごわと一度は見たい狐火や■狐火にかどわかされて日々好日なり

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年12月19日(水)■狐火や先祖の墓は中腹に■狐火や橋の夜汽車は風を切る

★★★★★★★★狐火やピアノの椅子にフロッピー 守屋典子 ★★★★★★★★振り向けば狐火きつと燃えるはず 高橋謙次郎

根深汁

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年12月16日(日)■テレビ見て料理の基本根深汁 ■寂しさも男所帯の根深汁根深汁

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年12月16日(日)■単身の厨の小し根深汁 ■歳月が六腑に染みる根深汁

★★★★★★★★母病みて一人にあまる根深汁 下田実花  ★★★★★★★★根深汁熱く煮立てて時化の海女 豊長みのる

寒林

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年12月15日(土)■寒林と聞けばセザンヌ目に浮かび■一陣のかぜ通り抜け寒ばやし

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年12月15日(土)■潮騒の風寒林をよぎりけり■寒林に爪痕残る獣道

★★★★★★★★寒林にゐて一木と思ふ身よ 上田日差子  ★★★★★★★★寒林に散るもののなほ残りをり 岡安仁義

ルミナリエ

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年12月12日(水)■限りなく神に近づけルミナリエ ■ルミナリエ涙で曇れば大宇宙

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年12月 7日(金)■諸人に遍く星やルミナリエ ■鎮魂の雫光れるルミナリエ

★★★★★★★★坂の町無口に歩きルミナリエ 中野路得子  ★★★★★★★★銀河へとつながる港ルミナリエ 大星キヨ子

枯柳

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年12月 4日(火)■マゼンタがなくなり外は枯柳 ■枯柳少しゆらりと風を受け

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年12月 4日(火)■枯柳ここが思案の北の果 ■枯柳水をもらひに蔵の町

★★★★★★★★白壁のあれば水影枯柳 世古諏訪  ★★★★★★★★啄木の旧居の庭の枯柳 鶴飼風子