★このサイトはwindowsに対応。表示→文字のサイズ→(中)でご覧下さい。それ以外はレイアウトが崩れます。
ネット句会
俳句サロン
575投稿募集!
★2007/10/07とりあえずネット上のみ再開。投稿お待ちしています。
■掲示板にご投稿ください。とりあえず自由題を募集。投稿ありしだい逐一アップしていきます。
★2018年11月現在までの句会投票及び作句参加者
・故沖恒夫(俳人)・幸田匡(翻訳家)・押田匡俊(会社役員)
・甲斐英輔(小説家)・古賀進(会社員)
・相川清美(学生)・佐野義也(サロン運営)
・滝沢孝之(会社役員)
・竹内氏英(会社員)
・雪荷(石川県・ネットにて)
・芳泉(幹夫)・典子
・島原大雪・蝦夷 炎暑
・李カボテ・山渓 ・美佳子・いきか・石川順一・春夫
「575作句研鑽リング投稿」
絵手紙 by edward 絵手紙 by edward
▼素敵な言葉17文字が投稿されると、なぜか擬似俳句でも作りたくなるという衝動が生まれる。そんなことに気づかせていただけた「泉の会」主宰 芳 泉(幹夫)氏の作品。以降当方edwardの駄作を失礼ながらリング形式にアップさせてもらうことに思い立ちました。ここからさらに新しい方が参加してもら えれば更なる研さんリングになると思います。

今後とも末永く連鎖されていくことを願うしだいです。投稿掲示板に何句か集まった時点で更新、よろしくお願いいたします。旧作は容量の関係で随時削 除されると思いますが、ご了承ください。なお、最上段が近作、おおむね下段より兼題(または季語)がリングされてきています。新しい兼題(または季語) の句が提示されれば、少なくとも当方edward(佐野義也)は研鑽のためそのテーマに沿って作句していきます。皆さんもどうぞ!
秋の川

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年10月26日(土)■ランパルもマックもはしゃぐ秋の川■秋の川牙むき出して猛獣か

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年10月25日(金)■秋の川小さな嘘を聞き流す■公園のベンチは無口秋の川

★★★★★★★★きらきらと星輝くよ秋の川 橋本典子 ★★★★★★★★秋の夜の川を流るる石の音 長谷川櫂

色鳥

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年10月 4日(金)■色鳥の群れて騒がし朝テレビ■散歩道色鳥の中微風行き

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年10月 4日(金)■色鳥の翼を閉ぢて山の雨■色鳥や古傷痛む山の暮

★★★★★★★★色鳥の来たりて光る山の湖 橋本典子 ★★★★★★★★姿ほど声の色鳥らしからず 橋本くに彦

秋分の日

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 9月29日(日)■仏花すら汗かいておりお中日■バス移動秋分の日の墓参かな

投稿者:橋本幹夫
\投稿日:2019年 9月22日(日)■洋上に秋分の日の旭日旗■秋分の日の月下ゆく装甲車

★★★★★★★★秋分の日の花増える町の中 藤田哲肖子 ★★★★★★★★旧家なり秋分の日の人出入り 新田郊春



月今宵

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 9月16日(月)■警備員羨まがられ月今宵■月今宵黒猫ねぐら探しおり

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 9月13日(金)■パソコンを開いて閉ぢて月今宵■停電の街に列なす月今宵

★★★★★★★★月今宵兎の耳は何故赤い 橋本典子  ★★★★★★★★月今宵つかの間に空高くなる 仲道恵美子

泡立草

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 9月12日(木)■ふさぐ日は誰にもあるさ泡立草■泡立草黒の野良猫喉鳴らし

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 9月12日(木)■野の風に任せて背高泡立草■鳥たちの空へ背高泡立草

★★★★★★★★少年は何を見ている泡立草 外島節子  ★★★★★★★★真白な外車を囲み泡立草 頓宮れい

草の絮

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 9月 9日(月)■草のワタブラックホール繋がるか■さすらいの無宿野良猫草の絮

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 9月 9日(月)■草の絮空は微熱の昼下がり■草の絮海へ一筋風の道

★★★★★★★★草の絮いのちひとつのさすらへる 大橋敦子  ★★★★★★★★イエスよりマリアは若し草の絮 大木あまり

吾亦紅

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 9月 9日(月)■吾亦紅季節外れの風に耐え■ギター弾き母思い出し吾亦紅

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 9月 5日(木)■吾子風に掴まり立ちの吾亦紅■誰が手向く囚人墓地の吾亦紅

★★★★★★★★ほそみちに日のちらばつて吾亦紅 鷲谷七菜子  ★★★★★★★★吾亦紅とらふるほどの影もたず 嶋田麻紀

色草

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 9月 4日(水)■野良猫の駆け寄る闇の色草や■色草も閉じ込めておりゴミ袋

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 9月 3日(火)■色草や亀の沈めるお濠ばた■色草の夕日に揺れる広野かな

★★★★★★★★色草に隠るるけものみちのあり 尾崎真理子  ★★★★★★★★色草に人の心の細やかに 村田明子

夜学

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 9月 3日(火)■許すまじ吾夜学生脅した日■身についた知識豊富な夜学生

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 9月 2日(月)■新しき自転車を買ふ夜学の子■坂道を漕いで遅れず夜学の子

★★★★★★★★呼び合ひて一人は影絵夜学生 中村草田男  ★★★★★★★★○呉れて共によろこぶ夜学かな 依田穂積

防災の日

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 9月 1日(日)■健忘症防災の日は忘れるな■防災日やらせ内閣板につき

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 9月 1日(日)■防災日記者も巡査もヘルメット■張ぼてのビルに白煙防災日

★★★★★★★★消火器の埃をはらふ防災日 佐藤信子  ★★★★★★★★タイマーの飯炊けてをり防災日 浅見さよ

二百十日

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 8月31日(土)■毎日が二百十日とだれかいい■冷汗は二百十日か幽霊か

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 8月31日(土)■おろおろと二百十日の橋の上■風の中二百十日を突走る

★★★★★★★★ころがして二百十日の赤ん坊 坪内稔典  ★★★★★★★★引く波の強さも二百十日かな 片山由美子

八朔

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 8月30日(金)■八朔やわが誕生日祝うかな■風情なし酸味吹き出る八朔か

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 8月30日(金)■八朔や熨斗は法度の御裾分■八朔を祝ふ老舗の吉備団子

★★★★★★★★八朔や松の緑の曇りなき 片山由美子  ★★★★★★★★八朔の祠に供ふ白だんご 藤野澪子

赤まんま

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 8月28日(水)■夕暮れに微風過ぎって赤のまま■赤まんま何事もなく前を向き

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 8月28日(水)■一品を添へてままごと赤のまま■墓山に水子遊べる赤のまま

★★★★★★★★さっちゃんはいつか二十歳に赤のまま 野田ゆたか  ★★★★★★★★赤のまま海へ日本一の川 菅原多つを

新涼

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 8月28日(水)■新涼に不穏な動き玉の汗■ストレスも新涼になり名を変える

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 8月28日(水)■新涼や馬に跨がり見ゆる山■新涼や湯槽に入る窓の風

★★★★★★★★新涼やカレーライスの天こ盛 橋本典子  ★★★★★★★★新涼やゴリラの尻に力満つ 小島健

法師蝉

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 8月26日(月)■そろそろか吾もお前も法師セミ■法師蝉ディミニエンドを歌いすぎ

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 8月26日(月)■バリトンの杜にテナーの法師蝉■つくつくしボルダリングの壁に鳴く

★★★★★★★★法師蝉止まれる幹の熱きかな 長谷川櫂  ★★★★★★★★つくつくし鳴きをり亀は石となり 山内須磨子

処暑

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 8月24日(土)■処暑の雨野良の黒太が威嚇する■誤嚥なりくしゃみ連打の処暑の日か

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 8月23日(金)■凱旋の球児に小旗処暑の空■処暑の海薩摩隼人の濃ゆい眉

★★★★★★★★敷石の一つが沈み処暑となる 坂本礼子  ★★★★★★★★処暑の風入れて家族の帰り待つ 阪尻勢津子

新豆腐

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 8月22日(木)■久しぶり台所たち新豆腐■新豆腐メタボ解消医師のいい

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 8月22日(木)■包丁の音は垂直新豆腐■新豆腐母生涯の几帳面

★★★★★★★★一合の米一丁の新豆腐 今井つる女  ★★★★★★★★定年の男の造る新豆腐 津布久信雄

花火

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 8月21日(水)■縁側で見た花火ごと売却し■花火の日年に一度のお付き合い

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 8月21日(水)■手鏡の花火が開く隅田川■ガリレオや鼠花火も廻りをり

★★★★★★★★大花火背ナに的屋の威勢よし 橋本典子  ★★★★★★★★揚花火その名隅田の恋ごころ 高澤良一

台風

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 8月18日(日)■台風にめげず芋虫這っている ■ストレスも疲労も巻いて去れ台風

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 8月14日(水)■台風裡記者はポンチョにヘルメット ■台風の目に一服の自衛官

★★★★★★★★蒙古塚かの日の如き台風来 大島きんや ★★★★★★★★台風の中へ覚悟のハイヒール 有坂裕子

流星

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 8月14日(水)■流れ星10号にのり消えゆくか ■願い事立てれば消える流星群

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 8月14日(水)■流星や両手広げてペルセウス ■四半刻空はペテン師夜這星

★★★★★★★★流星を待ちぬ願ひを抱きつつ 橋本典子  ★★★★★★★★流れ星追へば火星の甘き色 矢島好子

残暑

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 8月13日(火)■お見舞いをいずこへ出すか残暑なり ■残虐な事件も麻痺か残暑かな

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 8月11日(日)■御巣鷹の残暑ほてりの尾根の石 ■風葬の骨片燻る残暑かな

★★★★★★★★くれなゐの残暑は背中より来ると 櫂未知子  ★★★★★★★★被爆地に残暑の森や風軽し 雨宮抱星

立秋

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 8月 8日(木)■立秋と聞きうろたえている大宇宙 ■室内楽窓の外には秋立ちぬ

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 8月 8日(木)■立秋の風連れて来し童話の子 ■職退きて無精髭濃き秋立つ日

★★★★★★★★立秋や雲の上ゆく雲とほく 鈴木真砂女  ★★★★★★★★なんとなく飛べそうな空今朝の秋 岸本マチ子

原爆忌

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 8月 6日(火)■アイス食べ頭にきゅんと原爆忌 ■原爆忌グラデーションと無縁なり

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 8月 6日(火)■逆立の掌熱し原爆忌 ■リュウグウの探査ミッション原爆忌

★★★★★★★★キャラメルの赤き帯封原爆忌 吉村明  ★★★★★★★★顔洗う手に目玉あり原爆忌 五島高資

灼く

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月30日(火)■灼きたくもUVカットが邪魔するか ■灼けた頬涙が似合う歌謡曲

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月29日(月)■アスファルト灼けて影踏む黒き猫 ■防波堤突端までも灼けてをり

★★★★★★★★ひたすらに灼けて摩文仁の甘蔗畑 竹中碧水史  ★★★★★★★★寺町の真赤なポルシエ灼けてをり 佐々木悦子

梅雨明

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月28日(日)■梅雨明けてあちこち痛み晴れ晴れと ■大自然交通整理梅雨明けか

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月28日(日)■大阿蘇を丸洗ひして梅雨明くる ■梅雨抜けて地下鉄蒼き大空へ

★★★★★★★★梅雨明くる新京極も寺町も 島田たみ子  ★★★★★★★★百姓の大きな声に梅雨明くる 木村蕪城

端居

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月25日(木)■三毛猫と昔は端居したものだ ■懐かしや夕端居して紫煙の輪

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月24日(水)■端居してひとりの五目並べかな  ■夕端居下駄の鼻緒の生乾き

★★★★★★★★一職を通す男の端居かな 白崎冨美   ★★★★★★★★水音を聞いてゐるだけ夕端居 沢田れい

白蓮

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月16日(火)■切れ目ない雨脚抱く白蓮や ■白蓮の群落に舞うクロアゲハ

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月16日(火)■白蓮や水を打ちたる錦鯉  ■白蓮に一重まぶたの仏座す

★★★★★★★★白蓮の香にむせかへる小庭哉 正岡子規  ★★★★★★★★田にあふれ白蓮ひとつ畦に咲く 水原秋桜子

海の日

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月15日(月)■はしゃぐ子もそうでない子も海の日か ■海の日に墓参のための花を買い

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月15日(月)■海の日や満艦飾の大湊 ■海の日の沖の静寂に難破船

★★★★★★★★海の日や海を見たくて山へ行く 川井美佳 ★★★★★★★★海の日や海を埋めゆくブルドーザー 佐藤信子

マンゴー

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月11日(木)■君たちはキュウイパパイヤマンゴーだね ■セザンヌの絵画に見つけ赤マンゴー

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月11日(木)■マンゴーや摩文仁の海が見える丘 ■マンゴーの探検基地に食中り

★★★★★★★★マンゴーやチークダンスの薄明り 橋本典子 ★★★★★★★★マンゴーの見ゆる席にてグァバジュース 高澤良一

ヨット

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月10日(水)■ヨットなり加山雄三裕次郎 ■風凪いでヨットの上で空あおぐ

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月10日(水)■ヨット航く湖底に戦艦大和かな ■夕映の砂やヨットの帆をたたむ

★★★★★★★★今すこしヨットに風の欲しき午後 山田弘子 ★★★★★★★★港出てヨット淋しくなりにゆく 後藤比奈夫

夏座敷

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月 8日(月)■草いきれ充満している夏座敷 ■夏座敷一人暮らしの寂しがり

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月 8日(月)■夏座敷沖は白波日本海 ■大の字に寝るが宿六夏座敷

★★★★★★★★海へ行く男の背中夏座敷 橋本典子 ★★★★★★★★襖絵の山河の古ぶ夏座敷 伊藤トキノ

裸子

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月 7日(日)■裸の子モチベーションの無尽蔵 ■着飾っていても昔は裸の子

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月 7日(日)■ネット句会投稿スペース「裸子」■裸子の三頭身が起き上がる ■天下御免つかまり立ちの裸の子

★★★★★★★★裸子をひつさげ歩く温泉の廊下 高浜虚子  ★★★★★★★★裸子や涙の顔をあげて這ふ 野見山朱鳥

七月

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月 6日(土)■七月や今シューマンを聴きながら ■長袖を羽織り七月突入し

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月 5日(金)■七月の声が岬を突つ走る ■札幌や七月五日結婚す

★★★★★★★★七月のルビーは今朝の海の色 橋本典子  ★★★★★★★★七月のキリンは首を縦に振り 別所勝代
★★★★★★★★「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日 俵万智

冷蔵庫

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月 4日(木)■嬉しい哉うちだけでないレトロ冷蔵庫 ■ストレスも冷蔵庫には入れるべし

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月 4日(木)■声あげて強力背負ふ冷蔵庫 ■真夜うなる昭和レトロの冷蔵庫

★★★★★★★★冷蔵庫にいつも卵のある不安 前田典子  ★★★★★★★★夫のまた開けに来てゐる冷蔵庫 古川春美

海月(水母)

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 7月 2日(火)■彼方から霊魂体の水母かな ■生き物の元祖みたいなクラゲかな

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 7月 1日(月)■乾パンは水母流るる澪(みを)の果て ■砂浜に打ち上げられてゐる海月

★★★★★★★★掬ひたる海月に重さありにけり 金子泰久  ★★★★★★★★掌にとればすすり泣くよな海月かな 鈴木鵬干

夏の海

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 6月30日(日)■瀬戸内で花嫁が行く夏の海 ■夏の海パンツ盗まれ叱られて

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 6月30日(日)■瀬戸内の島点々と夏の海 ■夏の海父に貰ひし金平糖

★★★★★★★★地球儀の青いところが夏の海 山崎聰  ★★★★★★★★夏の海未来はいつも遠きもの 川口武雄
ラムネ

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 6月22日(土)■ラムネ水メタボの腹に染みわたる ■熱中症対策のためラムネ飲む

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 6月22日(土)■暗がりにかちんと落ちたラムネ玉 ■ラムネ飲むおどけ目玉のピエロかな

★★★★★★★★男には喉仏ありラムネ乾す 村上杏史  ★★★★★★★★顔寄せてラムネ抜く兄待つ妹 片山通夫

ヤモリ 守宮

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 6月16日(日)■ヤモリ殿黒のゴキブリ食べてくれ ■名にし負え我が家の全て家守せい

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 6月16日(日)■守宮這ふ造酒屋の蔵の壁 ■夜の守宮定時定刻壁を這ふ

★★★★★★★★お出ましの守宮と暫しにらめっこ 高澤良一  ★★★★★★★★守宮来て開けたき窓の開けられず 田宮米紀子

草笛

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 6月13日(木)■草笛と聞いて下校の日々たどる ■草の笛響き渡りて帰り道

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 6月13日(木)■少年の草笛少女のために吹く ■草笛の葉の色褪せし古戦場

★★★★★★★★算数は苦手草笛得意なり 石塚春美  ★★★★★★★★すぐ鳴りてすぐ捨てらるる草の笛 大石悦子

海亀

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 5月13日(月)■海亀も浦島太郎も万年か ■映像に引っ張りだこの海亀か

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 5月13日(月)■浜の風聞く海亀の甲羅かな ■産卵の海亀戻る令和の夜

★★★★★★★★亀の涙とおもふ石拾ふ 柴原未知代  ★★★★★★★★きらきらと海亀の尻卵産む 三浦晴子

袋角 ふくろつの

投稿者:佐野義也
投稿日:2019年 5月10日(金)■新元号我が心意気袋角 ■袋角令和は誰も一年生

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2019年 5月 9日(木)■ボイラーの蒸気がポッポ袋角 ■新御代の熱き血潮や袋角

★★★★★★★★袋角鬱々と枝(え)を岐ちをり 橋本多佳子  ★★★★★★★★袋角脈々と血の管通ふ 橋本多佳子